トシさんの本音トーク!

アクセスカウンタ

zoom RSS 拝啓 加藤育男・福生市長様(15)〜塩梅(あんばい)〜

<<   作成日時 : 2017/02/14 00:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんは。いつも投稿がこの時間になります。今日は塩梅(うめしおでなくて「あんばい」)のことについて。
どうも世の中、ぎくしゃくしてきた感じがしてなりません。物事なんでもYESかNО、○か×、白か黒・・・。
塩梅ということを知らない。要は程合いを考えて、程よく並べととのえたり処理したりできなくなっています。
もとは料理の味加減を意味していますが、按配(あんばい)と混同した意味になったと辞典には載ってます。この塩梅が結構、人間関係では大事ではないかと思うのです。
東京駅中央線のホームでは、よく乗客同士のトラブルで電車が遅延しています。始発駅ですからラッシュ時の整列乗車をしているときは、なんてことはないのですが、ひとたび整列乗車が終わり、降りる人のあとに乗車をするようになる途端に、早く座りたい人と、ゆっくり降りる人が衝突します。そこで、ああでもない、こうでもない・・・となってしまう。
お互いに、気遣って行動すればなんてことはないのに。という私も先日、「お前、ちゃんと並べよ」と怒鳴られたことがあります。明らかにその人より私のほうが前に並んでいたのにも関わらずです。こんな人もいます。

江戸しぐさ(行き交う時に傘を斜めにするとか)は後年になって作られたもので江戸時代にはそんな仕草をしていなかったという学説もありますが、その真偽はともかくとして、お互いに気づかえばスムーズに事が運ぶことは多々あります。この辺の「ゆとり」というか「気配り」はどうすれば醸成されるものか、学校教育か、家庭のしつけか、はたまた親への教育かなどなど考えさせられます。

様々な場面で寛容の精神を根付かせていくことも行政の大事な仕事ではないかと感じるこの頃です。
 そうそう、帰宅時に駅の階段のすぐ下で自分たちが主張するビラを手渡す人がいます。みんな一斉に階段を下りてくるのに、危なくてしょうがない。私は、何回か注意をしましたが、別の日に別の人が同じように配っている。
これなんかも、自分たちは正しいことをしてるとの思い込みで、他者への配慮に欠ける行動ですね。
「人のふり見て我が振りなおせ」ともいいますので、私自身も気を付けなければとは思いますが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
拝啓 加藤育男・福生市長様(15)〜塩梅(あんばい)〜 トシさんの本音トーク!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる