名実ともに「女性に優しい子育てするなら一番」のまちづくりに

熊本地震では本日も震度4が観測された。被災者の皆さんの不安はいかばかりかとお見舞い申し上げます。
長引く補難所生活の中で疲労や不安、不自由な毎日を送られているかたがほとんどと思います。
福生市においてもきめ細かく防災計画が策定されていて職員の初動体制、役割分担も明確になっています。毎年の防災訓練でもかなりしっかりと準備ができているように実感しております。
福生市は子育て環境の良さでランキング入りしておりますが平常時だけでなく、災害時、避難所においても少しでも子育て環境、女性に優しい環境、生活空間を作っておける仕組みが必要です。

熊本地震の報道の中でも、授乳や着替え、間仕切り、下着や生理用品等の女性の生活用品をまとめて女性ボランティアさんが被災者の方にお渡しできる方法など、様々な取り組みと工夫が必要であるとされています。

改めて女性職員や外部の有識者を交えて、具体的な避難所運営の環境整備について一層の改善をなす時と感じます。必要なのはいざという時に具体的に行動ができる防災計画だと思います。
市長はじめ市職員の一層の頑張りに期待しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント