拝啓加藤育男福生市長様52 「三振を恐れるな!」はいいキャッチコピーですね

久々の投稿です。第三回定例会を目前にして、新しい議会構成の中で決算審査特別委員会も予定され、市民のために熱心な議論が期待されます。 今日の(8月22日読売新聞多摩版)に福生市の職員採用ポスターが紹介されていた。いいポスターです。「三振を恐れるな!」 ポスターもモデルさんを務めた職員さんの表情も素晴らしい。 これからの福生市に期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拝啓 川越孝洋・福生市教育長様3 児童の安全を守る取り組み

川崎市・登戸の事件など、児童の通園、通学時における安全対策の見直しが求められる事件が発生して、保護者はじめ多くの方が「何ができるか、しなければならないか」心を痛めているところです。 私も六小近くの交差点で登校時の通学路安全見守りをはじめて足かけ5年になります。日頃の地域、町会の皆さん、保護者、先生方のご努力に最大の敬意を払うものです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拝啓加藤育男福生市長様51 高齢者世帯の見守りに総力を

2025問題は、団塊の世代が75歳以上になる。2040年問題は高齢者人口がピークを迎えるという。 いよいよ行政、地域、各分野が英知を集めて総力戦で高齢社会の課題を解決していかなければなりません。 私が自治会長をしている公社一般賃貸住宅も市の高齢化率を5%ほど上回る30%台になっています。そして単身高齢者世帯が増加しています。 毎月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拝啓川越孝洋・福生市教育長様2 GW明けの児童の見守りを

平成から令和に元号が変わり、GWも初めての10連休となりました。要は冬休みに匹敵する長期休業というわけです。もちろん7日の連休明けには私もいつもとおり、交差点で児童の登校時通学路安全見守りを実施しますが、小学校の先生方も緊張感をもって登校されると思います。学校と地域が連携して休み明けの児童の変化を敏感にキャッチすることが求められます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拝啓加藤育男福生市長様50 福生市の子育て施策に拍手!

平成最後の投稿となります。 ◇「子育てするなら ふっさ」を合言葉に子育て施策に力を入れてきた結果として 平成28年度から31年度までの4年連続で4月入所における待機児童ゼロを達成されました。素晴らしいことです。 ◇幼稚園における2歳児定期利用を開始 (保育が必要な満2歳のお子さんを幼稚園で保育する制度) ◇ベビーシッター利用助…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拝啓加藤育男福生市長様49小中学校のコミュニティ・スクールの活動支援

拝啓 加藤育男福生市長様 統一地方選、市議選もあり投稿を控えておりましたが年度も変わりましたので再開します。小中学校も新学期を迎え新一年生も元気に登校しております。 先生方も離任着任され新しい環境に慣れる努力をされていることと思います。 そこで教育委員会が主導して各CSの円滑な活動をダイナミックに展開できるように先生、保護者に対し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拝啓加藤育男福生市長様 48 公明党時局講演会に福生市長挨拶

今日3月10日は公明党西多摩総支部の時局講演会。加藤・福生市長が挨拶。福生市の現状と将来について、そして公立福生病院についても少々。 子育てするなら福生❗を合言葉に待機児童ゼロ、病児保育実施などの政策で全国ランキング4年連続ベストテン入りしていること等を紹介。そして市・都・国のネットワーク、全国の先進事例の提案など公…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拝啓加藤育男福生市長様47 フレイルチェックの早期実施を

拝啓加藤市長様 定例会お疲れ様です。昨今、フレイルという言葉がよく聞かれる。かかりつけ医のところに行ってもよく見かけることがあります。要介護の前段階でリハビリ等で身体機能が回復されるといわれます。東京大学の飯島教授がフレイルチェックの仕組みを開発され今着実に全国の自治体でも導入され始めています。 認知症サポーターのようなフレイル市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拝啓加藤育男福生市長様 46 「―3.11―あれから8年・・・」首都直下型大地震への備えは~

拝啓 加藤育男福生市長様3月1日号の「広報ふっさ」いい紙面構成でした。非常用品を備えておこうということでローリングストックの考え方を分かりやすく紹介しています。ガッテン! 5面には救急医療情報キットの医療情報更新の案内がされていました。 現職の時に導入推進した事業だけに継続されていることに感慨深いものがあります。ところで救急医療…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拝啓加藤育男福生市長様45 リサイクルセンターと防災食育センターの視察

リサイクルセンターと防災食育センターの視察 今日2月13日(水)、福生市廃棄物等減量推進員会の視察研修でリサイクルセンター及び福生市防災食育センターの視察と給食の試食をさせていただきました。 センター内は画像のSNSへの発信は禁止されているので、外観の画像のみです。 センターの案内の市長挨拶に「3.11東日本大震災を契機に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拝啓 福生市・川越孝洋教育長様 1 野田市の児童虐待に関して

「少女の発したSOSを誰か受け止めることは出来なかったのか。千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が死亡した事件は、長期にわたって虐待の兆候が確認されていた。しかし学校も行政も地域も踏み込まず、命を守れなかった。」 とwebの朝日新聞は記事をアップしている。 ●ここで言う地域とは誰を意味しているのだろうか? 町会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拝啓 加藤育男福生市長様44 医学からみた「幸福は人に伝わる」

加藤市長、こんにちは。最近感銘を受けた本から引用して、行政トップとして頭の片隅に入れていただくことで発想が広がると思い紹介します。東京医科歯科大学教授の藤原武男先生の本です。 その『医学からみた「幸福は人に伝わる」』の本の帯にも書かれているように、医学と科学が証明する、人を健康と幸福に導く「よいネットワーク」が記されています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拝啓加藤育男福生市長様43 ドラマ性のある独自の政策を①

拝啓 加藤育男福生市長様 そう、かってのNHKのプロジェクトXあるいはテレビ東京のカンブリア宮殿に出てくる企業のように艱難辛苦(かんなん しんく)の末、ことを成し遂げた人々に私たちは感動する。不可能をも可能とする執念と情熱そして行動力。 そんな熱いものが感じられる政策に共感して人々が満ちあふれる福生市になってもらいたいと願ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拝啓加藤育男福生市長様42 見づらいですよ「広報ふっさ」

たまには耳の痛い話もしなくてはと思います。今日届いた「広報ふっさ」1月15日号。この紙面づくりについて。結論からいうと、「高齢者にとって非常に見づらい」残念‼️特に一面と二面。 そうは思いませんか? 『若い年代とは異なり、地の色と文字の色の組み合わせによって認識しにくくなる場合があります。明度に違いがな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拝啓加藤育男福生市長様41 素晴らしい成人式

成人式お疲れさまでした。 新成人の門出を心からお祝いいたします。その新成人がこれから迎える時代はいかなる世界なのか?次の世代が見るであろう社会が少しでも希望と可能性のある社会にすることが、今の世代の役割でしょう。  福生市が狭い地域ながらも住みたいまち、子育てを安心してできるまちになるためのキーワードは何か?この機会に示していくこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拝啓加藤育男福生市長様40 子ども目線で地域の安全再点検を

改めまして、明けましておめでとうございます。本日1月10日(木)午前中、福生第六小学校の3年生が地域安全マップ作りを実施しました。フィールドワークのお手伝いで児童と一緒に担当地域を回りました。担当の専門家の先生から危険な箇所のキーワードとして ①入りやすい(公園など) ②見にくい(周囲からの目が届かない) ③関心のない(ごみの散乱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拝啓加藤育男福生市長様39 加藤市長の今年の漢字は「始(はじめ)」

改めまして、明けましておめでとうございます。 昨年の暮れに発表された今年の漢字は「災」だった。安倍首相は「転」だった。公明党の山口那津男代表は次のように答えました。 「いずれも「なるほど」という思いで受け止めた。あえて言えば「基」を想起する。今年は災害が多かった。その意味で国土の基礎、国民生活の基礎が揺さぶられる年だった。国際的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拝啓加藤育男福生市長様38 加藤市長の今年の漢字はなあに?

今年の漢字は「災」だった。安倍首相は「転」だったが代表は?と記者に問われて公明党の山口那津男代表は次のように答えました。 「いずれも「なるほど」という思いで受け止めた。あえて言えば「基」を想起する。今年は災害が多かった。その意味で国土の基礎、国民生活の基礎が揺さぶられる年だった。国際的には、対立や分断を煽るような動きがあった。国際…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拝啓加藤育男福生市長様37 「2040年の壁」

第四回定例会の最中でしょうか。お疲れ様です。長期的な基本構想を練るにしても「2040年の壁」を基礎自治体として意識しておかなければなりません。あと22年後のことですが、新人議員であれば5期の大ベテランとなります。地方にはそうでないかたも大勢いますが、それはさておいてです。市職員であれば35歳前後の方が押しも押されぬ大部長になって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拝啓加藤育男福生市長様36 パブリックコメントについて

第四回定例会お疲れ様です。議員の一般質問および委員会の所管事務調査等によって市民の声が届くということは地方自治において重要なことです。 更にパブリックコメントを求める制度により直接市民の意見を聴く機会が作られています。 今年度すでに介護保険事業計画や地域防災計画など9件の意見公募が実施されました。 これらすべて公募期間は14日間で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more